30代に適した基礎化粧品で肌をケア|正しいケア法で肌を守る

頬を触る人

加齢の分岐点

スキンケア

30代は加齢の分岐点です。継続的なケアが若さを保ちますが面倒では続きません。だからこそオールインワンタイプの基礎化粧品が人気を集めています。肌の潤いやハリ、たるみ防止や美白など色々な効果を持つタイプがあるので目的に合わせて利用して継続的なケアをしましょう。

もっと詳しく

肌に年齢を感じるのは

スキンケア用品

20代とは違う肌になっているので、30代になったら基礎化粧品を変えましょう。ハリ、弾力、保湿などの効果を考えて選びましょう。スキンケアは肌の奥まで美容成分が浸透するように化粧水でしっかりと保湿して他の化粧品が浸透するようにしてください。

もっと詳しく

肌の衰えが出始めます

美容液

今後も人気は継続する傾向

最近では年齢や世代別に合わせた化粧品が多く販売されるようになりました。特に30代以降のエイジング世代にはさまざまな機能を兼ね備えた基礎化粧品が販売されています。30代前半は意外と肌の変化はあまり感じられないものですが、30代半ばに差し掛かると毛穴の開きや肌のたるみ、シミなどが目立ち始める人が多い傾向です。このため、30代半ばになると基礎化粧品を見直す人が多い傾向です。しかしながら、この世代は様々なライフスタイルの人がいる世代であるため、基礎化粧品の価格帯の幅も広い傾向です。子育て世代は自身のスキンケアにかけるお金も時間も少ない人が多いため、低価格のものを好む傾向にあります。

肌の悩みの改善が可能です

30代向けの基礎化粧品は目立ち始める老化現象に対して働くアイテムが充実しています。特に乾燥やたるみによる毛穴の開きなどをケアしたいと考える人が増加するため、高保湿機能の基礎化粧品やコラーゲンの生成をサポートするアイテムが多い傾向です。それ以外に、シミやしわなどに対しても働く成分が配合されているアイテムもあります。肌の衰えを感じ始める入口に差し掛かった30代は基礎化粧品の成分もエイジング向けにシフトしているのが特徴です。使用することで、老化現象や肌のトラブルを回避したり改善が可能です。20代とは違い成分が充実している基礎化粧品を使用する必要が出てくる世代のため、販売されているアイテムもこうした傾向が強くなってきています。年齢に応じて化粧品を変えていきましょう。

続けられるケアにシフト

鏡を見る婦人

どうしても年齢を重ねると肌の状態が変わってきます。特に30代は肌の変化が大きい時期なので、基礎化粧品選びもしっかりと行なっていく必要があります。今の自分に合ったスキンケアで、さらに素敵な30代を過ごしましょう。

もっと詳しく